喜寿祝いにオルゴール

いつも家族のためにいろいろなサポートをしてくれたり、頼りになったりするお母さん。

そんなお母さんが77歳の喜寿を迎えるとなった時には、日頃の感謝を込めていつもの誕生日以上に特別なプレゼントを贈ってお祝いしたいですよね。

ただ、相手が喜びそうなものなら何でも贈って良いというわけではなく、喜寿祝いに贈って良いものといけないものもあるので、慎重に選びたいところ。

この記事では、母の喜寿祝いに贈るプレゼントの選び方に触れながら、喜ばれるプレゼントと贈ってはいけないプレゼントについてご紹介します。

 

■母の喜寿祝いに贈るプレゼントの選び方

プレゼント

77歳の長寿を祝う喜寿は、紫色を意識したものを贈ったり、紫色のちゃんちゃんこや頭巾、座布団等を贈りお祝いしたりします。

基本的には本人が欲しいと思う様な物を選べばよいので、実用的な物でも記念品でも何でも良いことになります。

母の喜寿祝いとして何を贈れば良いか分からないという時は、カタログギフトを贈るという人も増えています。

相手がほしい物を自分で選ぶことができるため、自分の好みではないものをもらっても困るという人からも高く評価されています。

カタログギフトだけではあまりにも無味乾燥だと言う時は、そこにメッセージを添えるだけでもお祝いの品として利用しやすくなります。

ただ、喜寿祝いなど長寿をお祝いする物は、通常の誕生日祝いとは違って特別な物です。

そのため、贈った物によっては相手を不快にしてしまう事もあるため、受け狙いなどで適当に商品を選んで良いわけではありません

また、母親だからわかってくれるだろうと思う人もいる可能性がありますが、親族だからこそ相手のことを考えて贈る方が良いと言えます。

 

■母の喜寿祝いに贈りたい喜ばれるプレゼント

プリザーブドフラワー

まずは母の喜寿祝いに贈りたい喜ばれるプレゼントとはどういったものなのか、具体的なプレゼントをいくつかご紹介していきます。

フラワーギフト

お花が好きな女性は多いものですから、美しいバラや胡蝶蘭などの花束は喜ばれます。

喜寿の77の数字に合わせて、77本のバラの花束を贈るという方も少なくありません。

喜寿祝いのプレゼントには生花も喜ばれますが、長く美しい状態を保つことができるプリザーブドフラワーも人気があります。

現在プリザーブドフラワーは、ボックスタイプになっているもの、壁にかけられるものなど幅広い種類がありますから、お母さまの好みや室内の環境に合わせて選ぶと良いでしょう。

喜寿のお祝いにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか

名前詩

母の77歳のお祝いに喜ばれる名前詩のプレゼント

世界で一つだけの特別なプレゼントを贈りたいという場合には、名前詩プレゼントがおすすめです。

名前詩はインターネットに専門店がありますから、お母さまの名前を使って感謝やお祝いの言葉を伝えることができます

最近では、かわいいイラストや本人そっくりの似顔絵を添えてくれる専門店もありますから、喜寿祝いの記念の品として最適です。

名入れのワイン

ワインが好きなお母さまには名入れのワインのプレゼントも喜ばれます。

ラベルには名前やメッセージのほか、ご夫婦や記念の写真などをプリントしてもらえるサービスもあり、飲み終わった後も部屋に飾って楽しむことができます。

喜寿のテーマカラーに合わせて瓶や包装が紫色になっているものもあるので、お祝いの気持ちが伝わる素敵なプレゼントになります。

そのほか、オルゴールやフォトフレーム、名入れの湯呑みなどのプレゼントもお母さまの喜寿祝いに人気です。

プレゼントに向いているワイン:喜寿

旅行

母の77歳のお祝いに喜ばれる旅行のプレゼント

77歳を迎えられるお母さまに旅行のプレゼントを贈る方も多いです。

喜寿祝いでは家族一同が揃って同じ時間を共有することが何より嬉しいと感じる方が少なくありませんので、その気持ちを汲んだプレゼントになります。

最近では、長寿祝い用のプランを用意している旅館やホテルが多く、家族水入らずの時間を過ごせるよう食事を部屋出しにしてくれたり、部屋に露天風呂が付いていたり、ちゃんちゃんこを貸し出してくれたりなどさまざまなサービスがあります。

サービス内容はホテルや旅館によって異なりますので、予約時に確認してみましょう。

また、77歳の年齢になると体調や健康に悩みを抱える方も少なくありませんので、お母さまの健康状態に応じて日程や旅先を考えましょう。

喜寿祝いに旅行をプレゼント!素敵な思い出を残すためにしたい5つのこと!

ファッションアイテム

いつまでもお洒落を楽しんで若々しいお母さんでいてほしいという願いを込めて、アクセサリーや腕時計、ストール、マフラー、カーディガンなどのファッションアイテムを贈る方もいます。

喜寿祝いのテーマカラーは紫色なので、デザインに紫色が使われたものを選ぶと良いでしょう。

また、喜寿祝いに贈るファッションアイテムを選ぶ際には、地味なデザインの物よりも、身につけるだけでぱっと華やかになるような若干若々しさを感じるデザインのものの方が喜ばれます。

好みやサイズがいまいちわからないという場合には、一緒に買い物に出かけても良い思い出になるでしょう。

 

■母の喜寿祝いで贈ってはいけないもの

気持ちのプレゼント

年寄り扱いするようなものは贈らない

喜寿祝いなど長寿祝いの時に贈らない方が良い物の一つが、年寄扱いしたものです。

本来長寿祝いというのはその時迄長く生きてくれたことをお祝いするとともに、これからも若々しくずっと生きていってほしいという気持ちを伝えるためにお祝いするものです。

だからその時に便利だからと言って、あえて年齢を感じさせるような物を贈るのはマナー違反だと言っても過言ではありません

例えば、老眼鏡や杖などは確かに利用している人からいえば非常に便利な物ですが、贈り物としては避ける方が無難です。

特に、現在の生活でほとんどそれらのアイテムを利用していない人に対しては贈らないようにします。

地味なものは避ける

花

もう一つは地味な物です。

通常派手な服を着たり派手なアイテムを利用していないひとでも、急に地味な物を贈られると自分の年齢を感じてしまうという人は少なくありません

そのため、できるだけ地味な色の物ではなく、華やかな物を贈るようにします。

母親に贈る場合は女性なので、鮮やかな花があしらわれている物や、明るい色の物をチョイスすると相手に対して不快な気持ちにさせにくい傾向があります。

また、77歳になったからこそ、ゆっくりしたいと思っている人も少なくありません。

その人に対して家事用品を贈ると、これからもしっかり家事をしてほしいと伝えているような印象を与えてしまう可能性があるため、できるだけ避けます。

 

■母の還暦祝いには明るく華やかなプレゼントを贈ろう

シニア女性

喜寿祝いと言うと、女性の場合はまだ日本人の平均寿命にも到達しておらず、さらに若々しくしている人も決して少なくありません。

基本的には喜寿祝いとして商品を選ぶ場合は本人の好みに合わせて贈る様にすれば何を選んだとしてもマナー違反ではないとされる場合も多くなっていますが、出来るだけ年齢を感じさせない明るい華やかな物を贈る様にしましょう。

高齢者だからとあまりにも実用的な物を贈ると、結果的に相手を不快な気持ちにさせてしまう事があるからです。

また、一般的には喜寿祝いの紫は還暦祝いの赤と違ってあまり知られていないため、紫色の物を贈っても嫌がられることは少ないですが、中にはその色を気にする人もいます。

そのため、年齢を感じさせる物以外にも、本人があまり好みではないもの、欲しがらないもの、出来れば避けてもらいたいと思っている物なども母の祝いとしては贈らないようにします。

母親の喜寿祝いにピッタリなプレゼント7選

LINEで送る
Pocket