喜寿祝いとは?

家族団らん

喜寿は長生きをした老人を敬い、感謝する長寿のお祝いのひとつです。

長寿のお祝いと言えば真っ先に思い浮かぶのは60歳で迎える還暦ですが、平均寿命が80歳を超える日本ではまだまだ現役、年寄り扱いはしないでほしいという人も多くなっています。

喜寿のお祝いは数え年で77歳、そろそろ老人らしさが出てきて、長寿のありがたさが素直に感じられる年齢かもしれません。

数え年とは元旦を迎えて一つ年を取るという方法で、現在では生まれた時に0歳、誕生日で年を取る満年齢が用いられています。

現在の感覚では満76歳でのお祝いということになりますので覚えておきましょう。

70代になると、健康状態にも大きく差が出てくるので、元気いっぱいで働いている人もいれば、隠居生活、または持病を抱えて少し不自由を感じる、という人まで様々な状況が考えられます。

喜寿を迎えたということは喜ばしいことですので、盛大にお祝いをしたいというのも家族の願いとしては当然ですが、体力的にも個人差があります。

大きな会場で親戚一同が集まってパーティーを開くこともできますし、自宅で家族のだんらんを楽しんでもよいでしょう。本人の意向を尊重してどのようにするか決めるようにしましょう。

喜寿祝いの内容と意味

喜寿に紫のちゃんちゃんこ

喜寿祝いは数え年の77歳を祝う日本の風習です。

長寿祝いが始まったのは室町幕府の頃と言われています。

戦乱の世が落ち着き、人々の寿命が延びたためと考えられています。

還暦や古希などはもともと中国が発祥なのですが、この喜寿祝いは日本独特のものです。「喜」という漢字の草書が「七十七」と読めるところからこの字があてられました。

その字の意味からも喜ばしくおめでたい印象を受けるので、長寿祝いにふさわしいのではないでしょうか。

還暦は赤いちゃんちゃんこや頭巾をかぶるのをよく見かけますが、喜寿の場合はテーマカラーが紫となっています。

紫は非常に高貴な色で、位が高いことを表す色なので、長寿を迎える方を尊ぶには最適です。

紫のちゃんちゃんこなどを用意するのが難しい場合は、座布団やベストなど、日常でも使えるものを用意するとそれらしくなるかもしれません。

長寿のお祝いをする時期は還暦以外は数え年が使われます。お祝いは77歳を迎える元旦から春頃までに開催するのが本来の風習です。

しかし、本人の誕生日や体調のいい時、過ごしやすい時期に設定しても何ら問題はありません。

たくさんの親族が参加できるように、形式にこだわらずアットホームな会を開催しましょう。

喜寿祝いのお祝いのし方

喜寿お祝いをする場合、本人を囲んでの会食や宴会が最もポピュラーな方法になります。

体力が十分あれば、温泉や旅行などを計画しても思い出になります。

お祝いの方法に特に決まりはありませんが、テーマカラーの紫を使った頭巾、ちゃんちゃんこ、座布団などを用意するのが本来の形です。

しかし、これらは1回きりの利用になることもあるので、現在では紫の小物や衣類をプレゼントするという方法が多く取られています。

長寿のお祝いのキーワードとして欠かせないのが家族の存在です。

家族が筆頭となって本人をお祝いしていくものですので、どのような会にすれば本人にとって楽しく喜んでもらえるかを考えて計画しましょう。

お祝いの仕方

家族写真を撮ったり、孫や子供を一堂に会して食事や会話を楽しむのもよいでしょう。

喜寿祝いに招待された場合はプレゼントを用意したいものですが、高価なものでなくても家族の絆が感じられる手紙やアルバム、メッセージ入りのお酒、似顔絵などが人気です。

お祝いとして現金を渡すのはあまり頻繁には行われませんが、それが一番良い方法だと考えられる場合には、祝儀袋に包み、表書きには「御祝」「寿福」「喜寿祝」とし、これまでの感謝を伝え、労いの言葉も一緒に贈りましょう。

喜寿祝い以外の主な長寿祝いについて

喜寿以外にも日本には様々な長寿祝いがあります。

最も有名な還暦は満年齢で祝われる唯一の長寿祝いです。

かつては「人生五十年」と言われていた時期もあるので、60歳になるということはとても珍しく喜ばしいことでした。

現在ではお年寄りというイメージは全くなくなってきましたが、還暦という風習だけは残っていますので、これを皮切りに節目節目でお祝いをして行くことになります。

古希は70歳のお祝いとなり、その由来も人生が70年にもなるのは古来から稀である、という中国の言葉からきています。

言葉遊びや頓智が聞いたお祝いに米寿と卒寿があります。

88歳を祝う米寿は「米」という字を分解すると「八十八」となることからきています。

「米」という漢字にちなんで、米を贈ったり、米にまつわるものを贈ったりしていたそうです。

卒寿は「卒」という漢字の崩し字が「九十」となりますので、90歳を祝うお祝いとされます。

人生を卒業するから、という意味はありませんので注意しましょう。

次に来る御祝はいよいよ99歳、白寿は「百」という漢字から一をとると「白」になるから。

100歳になると百寿、または紀寿と呼ばれます。

紀という字は一世紀、100年を表すとされています。

LINEで送る
Pocket