喜寿の食事会の流れ

喜寿のお祝い喜寿とは77歳を祝う日本古来の風習です。

長寿祝いは人生の節目節目に訪れますが、ほとんどは中国から来たものとされています。
その中で喜寿以降は日本独自の風習だと言われていますが、なぜキリの良くない77を祝うのかは不思議に思ってしまいます。
ただ、ラッキーセブンという言葉があるように、7という数字は日本人にとっても縁起のいいものだったのかもしれません。

なぜ77歳の長寿祝いを喜寿というのかは、「喜」という漢字を草書で書くと「七十七」になるという説と「七七七」と3つ重なった形であらわすことができるからという説のふたつがあります。

7が3つとは現代でも縁起のいい感じがしますので、「喜」という漢字の意味も相まって非常におめでたい長寿祝いであると言えます。
このようなおめでたい日を迎えるにあたり、親族揃って食事会を開くというのが最も一般的なお祝いの方法です。

本人は高齢ということと、主賓ということになりますので、長男や子供たちが音頭を取って取り仕切るのがスムーズな会にするためには必要です。
食事会の規模や招待客などは本人の意向や体調を考慮し、慎重に計画を立てなければいけません。
大切なのは、豪華さよりも心のこもったお祝いができるかということにかかっています。

喜寿の食事会は自宅でするかお店でするか

77歳という年齢は健康であるかという問題も含め非常に個人差が出てくる世代と言えます。世界に代表される長寿国である日本ですが、平均年齢は80代ということを考えると、77歳は本格的に長寿であることを自他ともに認めるころかもしれません。

持病や不自由がなく順風満帆に暮らしている方もいれば、病気と闘い日々丁寧に暮らしているという方もいるはずです。

懐石料理

喜寿のお祝いを開催する場合は、親族揃って食事会というのが定番ですが、これも本人の体調が大きなポイントになってきます。
慣れ親しんだ自宅で気の知れた家族と食事会を開く方が望ましい場合もあれば、多くの親類知人を呼んでレストランや宴会場を貸し切って執り行いたいという希望もあるかもしれません。
老舗の料亭や旅館では長寿祝いの特別プランがあることがありますので、人数に関係なく外食をするという手もあります。

自宅で行う場合でも手料理だけでなく仕出しなどを頼むことで負担を抑えることができます。
どちらにせよ、盛大になればなるほど、本人とそれを取り仕切る親族の負担が大きくなりますので、無理のない範囲で計画することが必要です。
若く見えても77歳というのは無理がたたると体調を崩しやすい年齢ですので注意しましょう。

喜寿の食事会に参加する方への連絡方法

喜寿祝のお祝いの大体の計画ができたら、招待客をリストアップし参加の可否をうかがう必要があります。
最終的な人数が分からないと場所の予約や料理の準備ができないということがありますので、早め早めの対応を心がけるようにしましょう。

家族のみの小さな会食の場合はかしこまる必要はありません。
普段連絡を取り合っているツール、電話やメールなどで予定を聞いていけばよいでしょう。
少しかしこまった場所や会を開催する予定で、目上の方やお世話になった方を招待する場合は、より丁寧に招待状を送るようにしましょう。

招待状には返事をしてほしい旨を記載し、連絡先をしたためます。
往復はがきを利用すると相手も返事がしやすくなります。
たくさんの招待客がある場合は、参加の可否が管理できるようなノートなどを用意しておくと便利です。
ただし、好意でご招待するのであって、参加費などは求めないことが当たり前ですので、招待された側が負担にならないような会にする必要があります。

また、あくまでも主役は喜寿を迎える本人ですので、本人が会いたがっている人、所縁のある人に限定して喜寿のお祝い本来の目的を忘れないように努めましょう。
子供や孫、ひ孫など親族のみの会でも十分であることを理解しましょう。

喜寿の食事会でのサプライズ

喜寿の食事会に呼ばれたら、サプライズで贈り物をするとよいでしょう。

中には現金を渡したいという人もいるかもしれませんが、年齢を重ねてくると物欲よりも心のつながりや絆、温かさなどが身に染みてくることも忘れないでください。

孫たちが一生懸命描いた似顔絵や手紙、歌のプレゼントなどは大変心のこもったプレゼントになりますし、親族が揃った機会を利用して記念撮影をとっても思い出に残ります。
子供たちでお金を出し合ってちょっとした贈り物をするのもよいでしょう。

人気なのは一言メッセージや感謝の言葉が入った名入れ酒などです。
オリジナルのラベル付きでお酒好きの人に大変好評です。
日本酒、焼酎、ワインなど種類も選べて中身も本格派でおいしいと評判です。
専用のサイトから注文することができるので、ぜひ参考にしてみましょう。

それ以外にも、生まれた誕生日の新聞を復刻印刷してくれるサービスを使ったり、生い立ちの写真を集めてアルバムを作ってみるなどアイデアを出し合って心のこもった贈り物をしてみましょう。

もちろん、一番の贈り物はみんなが笑顔で自分を囲み、会話を弾ませることです。
和気あいあいと楽しい空間になるように喜寿祝の計画を立てるようにしてください。

LINEで送る
Pocket