喜寿祝い

長寿祝いは還暦、古希、喜寿…と続いていきますが、どの長寿祝いも本人にとっては特別なものとなるので、周りは気持ちを汲んでお祝いすると喜ばれます。

家族や親せきなどを集めて自宅やレストランなどで食事会をしたり、サプライズにプレゼントを渡したりとお祝いする方法は家庭や地域によって異なります。

ただ、宴席を開く際ややプレゼントの選び方に関して、決まりやルールがあるのではないかと不安に思う方もいるでしょう。

この記事では、喜寿祝いの意味やメインカラーに触れながら、喜寿祝いにあたってのマナーや相場、プレゼントの選び方についてご紹介します。

 

■喜寿祝いの意味やメインカラー

鶴

喜寿とは、77歳をお祝いする長寿祝いの一つです。

喜という漢字を草書体で表すと七を3つ重ねた形になりますが、それを七十七と読むことが出来るため、喜という字があてられています。

還暦祝いだけは満年齢で祝いますが、それ以外の長寿祝いは数え年で祝っています。

喜寿も同様で、77歳となっていますが、実際には76歳の時に祝います

しかし、今では数えではなく満年齢で祝う人も少なくありません。数え年でお祝いするか満年齢でお祝いするかは、喜寿の方の気持ちを一番に考えて決めると良いでしょう。

祝いをする時は色々なマナーが有りますが、喜寿祝いでは紫色の物を贈るようにします。

還暦の時は赤と言うのは有名ですが、実は長寿祝いではそれぞれの時に色が決まっており、それをメインカラーとした物をプレゼントするのを意識する方が良いとされています。

ただ、どのような物を贈っても良いわけではなく、まずは本人の意思を尊重して決めると言う形が現在では多く取られています。

 

■喜寿祝いにあたってのマナー

家族

通常、喜寿祝いでは宴席を設ける事が多くなっています。

この場合、招待された側はお祝いを持って行くことになりますが、その表書きは長寿お祝いや寿福、祝喜寿等長く生きることが出来たことや77歳を迎えることが出来たことをお祝いする内容にします。

また、当日宴席の場に行くことが出来ればその日に持って行けば問題ありません。

しかし、当日その宴席に参加できないと言う時、さらに品物を贈る場合は、宴席が設けられる日の前日までには本人の所に届けるようにします。

遅れてしまうのはマナー違反となってしまうからです。

御祝いを貰った側は家族以外にはお返しをすると言うのがマナーになっていますが、現在では家族かどうかと言う事を関係なしで内祝いと言う形でお返しをする人が多くなっています。

 

■喜寿祝いの相場について

77歳のお祝いの相場について

喜寿祝いの一般的な相場としては、1万円~3万円程度と考えておきましょう。

関係性別の相場としては、両親の場合には3万円程度、祖父母の場合には2万円程度、親戚の場合には5000円~1万円程度、恩師や先生の場合には1万円程度となっています。

ただ、喜寿祝いを贈る側が働いていない学生や子どもの場合もあるため、3000円~と幅が広くなっています。

旅行をプレゼントしたいけど予算がちょっとオーバーしてしまう、という場合には兄妹など周りの人と協力してプレゼントをするのがおすすめ

一人一人にかかる費用が分散でき、誰かが一人だけ負担が大きくなるということがありませんので、喜寿を迎える方にも心配をかけずに済みます。

喜寿祝いはお祝いする気持ちが大切ですから、祝う前に大まか相場を知って気持ちのこもったプレゼントを選びましょう。

 

■喜寿祝いのプレゼントの選び方

喜寿祝いのプレゼントの大まかな相場がわかったところで、喜寿祝いのプレゼントの選び方についても確認していきましょう。

・年齢を感じさせるようなプレゼントは控える

プレゼントをする品物はこれでは無ければいけないというルールは基本的にはありません

ちゃんちゃんこ等を用意するという人もいますが、それ以外の物を贈ることもできます。

ただ、現在では昔に比べると77歳でも若々しい人も多く、高齢者、老人として扱われるのは嫌だ、嬉しくないと言う人もいます。

また、長寿祝いだからと言って杖や老眼鏡など年齢を感じさせるアイテムは、気持ちを暗くしてしまいますから控えた方が無難です。

喜寿祝いにプレゼントを考える際には、その人が求めている形でのお祝いをするというのが基本です。

長寿祝い全般に言える事ですが、あまりにも年齢を感じさせるような物が嫌だという時は、その他の時の誕生日プレゼントと同じ様に祝ったとしても問題はありません。

・喜寿のテーマカラー紫を取り入れる

プリザーブドフラワー

基本的には喜寿祝いの場合のプレゼントの品としては、紫色のちゃんちゃんこを贈るという所もあります。

紫色は優雅や高貴と言った意味をあらわす色となっており、さらにその色のちゃんちゃんこや頭巾、座布団等を贈る様になっています。

また、紫というと高貴というイメージが付いていますが、実際には安眠や心身回復を促す効果もあると言われているので、これからも元気で過ごしてほしいという意味を込めてその色の物を贈る様にしています。

ただ、あくまでも紫色を意識してプレゼントを選ぶと良いとされるだけであり、必ずしも紫色の物を選ばなければいけないという訳ではありません。

ちゃんちゃんこ、頭巾、座布団を用意する必要もなく、本人が喜びそうなものを贈れば良いことになっています。

現在ではまだまだ77歳と言っても若々しい人も多いため、高齢者と言うのを感じさせないようなオシャレな物も贈り物として好まれています

・おしゃれな服

・プリザーブドフラワー

・ワインなどのアルコール類

なども人気があります。

喜寿祝いのプレゼントに紫の物が選ばれる理由とおすすめのプレゼント5選

・メッセージを添える

喜寿祝いは当たり前ですが何度もあるわけではなく、人生において1回きりです。

そのため、プレゼントを贈る場合はそこに誕生日をお祝いするメッセージ等を添えることもできるようになっています。

メッセージの文面にはマナーが有るわけではなく、相手の気持ちを考えて書けばよい物となっています。

 

■喜寿祝いに人気のプレゼント

77歳のお祝いで人気のプレゼント

喜寿祝いでは紫色が使われたプレゼントのほか、メッセージ性の強い名入れのアイテムも人気です

例えば、お箸やお茶碗、湯呑みなどの食器類、お酒、フォトフレーム、アルバム、万年筆、置時計などに名入れをして贈る方が多いです。

使う頻度が高いものに名入れをすれば、自然に手に取って使ってもらえるでしょう。

実用品に名入れをすることで、贈られた方はアイテムに愛着が湧くとともに、喜寿祝いの日のことをいつまでも思い出せるという点が人気の理由です。

また、名前やメッセージを使ったプレゼントという点では、長寿祝いギフトとして名前詩も定番となっています。

名入れのプレゼントの中でも、特に喜寿祝いの場を盛り上げるものとしては名入れのお酒が人気です。

おめでたい席にお酒は欠かせないものですし、ご家族やご友人と一緒にお酒を飲むという時間も良い思い出になります。

喜寿祝いのテーマカラーに合わせて瓶の色や包装の色を紫色にしてくれたり、生まれた年の記念新聞を付けてくれたりするお店もあり、喜寿祝いに最適です。

お酒が好きな方であればこういった名入れのお酒を検討してみてはいかがでしょうか。

喜寿のお祝いに名前入りギフトを贈る!酒処、新潟の日本酒 純米大吟醸【紫龍】1800ml ¥17,800

LINEで送る
Pocket