Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:balloons-1786430_1280.jpg

喜寿を迎える方が身近にいるとき。喜寿祝いをいつ開催すればいいのか悩んでしまいますよね。実は長寿祝いに明確な時期は決まっていません。そのため多くの方がお祝いの時期に悩んでいます。

今回は喜寿祝いの時期について解説。喜寿祝いが誕生日におすすめの理由やお祝いに適した時期を紹介していきます。

 

1、喜寿祝いの時期は誕生日が最適?

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:organizer-791939_1280.jpg

喜寿祝いを含めた長寿祝いにはこの日!という決まった時期はありません。それぞれの都合の良い時期に喜寿祝いを開催できます。ただ曖昧な基準のせいなのか、多くの方が喜寿祝いの時期に悩んでしまいます。

元々、喜寿祝いは日本が発祥の長寿祝いです。60歳の還暦や70歳の古希は中国が発祥といわれていますが、77歳の喜寿祝いは日本が発祥。喜寿の由来は「喜」という文字に関係します。

「喜」を草書体で書くと「㐂」(七十七)と読めることから、77歳の長寿祝いとして江戸時代以降に広がりました。そんな喜寿祝いのテーマカラーは紫。古希祝いと同じく気品のある色がテーマカラーになっています。

さっそく本題ですが喜寿祝いを祝うなら誕生日がおすすめです。77歳を迎えた瞬間に誕生日とともに少し豪勢に祝いましょう。誕生日なら家族や親戚も集まるタイミングです。

昔は数え年でお正月に祝うのが一般的でしたが、現代社会で家族や親戚の予定をすべて合わせるのは難しいこと。これまで集まったことがあるタイミングの中でも、開催しやすい誕生日に喜寿祝いも一緒に開催しましょう。

・数え年?満年齢?どちらを優先するの?

喜寿祝いを誕生日に祝う際に気になるのが数え年と満年齢について。喜寿以外の長寿祝いでも数え年か満年齢か迷う方は多いです。まずは数え年と満年齢を理解しておきましょう。

数え年は生まれた日を1歳として数える数え方です。喜寿を数え年で祝う場合は76歳のときに喜寿祝いを開催します。昭和初期までは数え年で祝うことが一般的でしたが、現在は続いて紹介する満年齢で祝うようになっています。

満年齢は生まれた日を0歳として数える数え方です。現在ほとんどの数え方は満年齢になっており、喜寿祝いも満77歳を迎えたときに祝います。

・誕生日以外に適した時期は?

基本的に喜寿祝いはいつ開催しても問題ありません。本記事では誕生日をおすすめしていますが、ほかにも喜寿祝いに適した時期は多いです。

元々長寿祝いを開催していたお正月やお盆、ゴールデンウィーク、敬老の日など。家族や親戚など集まる人の予定が合えばいつ開催してもいいでしょう。

ただある程度集まりやすい時期があるので、これまで祝い事を開催してきた日程に近い時期がおすすめです。特に遠方に住んでいる方と一緒に開催する場合は日程が決めづらいので、前もって日程を決まって余裕を持った喜寿祝いを開催しましょう。

 

2、喜寿祝いを誕生日に祝う場合の流れは?

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:party-3655712_1280.jpg

それでは喜寿祝いを誕生日に祝う場合の流れを紹介。喜寿祝いのプレゼントの選び方や食事会の準備、当日の心持ちを解説していきます。

・喜寿祝いのプレゼントを用意しよう

喜寿祝いで必ず用意したいものがプレゼントです。喜寿を迎えた方の好きなものや喜寿にまつわるプレゼントをしましょう。ここで気になるのが喜寿祝いの選び方や予算。

喜寿祝いのテーマカラーである紫を基調としたアイテム、喜寿を迎えた方が好きなものがおすすめです。基本的にどんなプレゼントでも気持ちがこもっていれば問題ありません。特に思い浮かばない方は定番の花束をプレゼントしましょう。もちろん、喜寿祝いに関連した紫の花を忘れないようにしてください。

そして喜寿祝いの予算はプレゼントにもよりますが、5,000円から3万円程度。この価格帯の予算を用意しておけば、ある程度のプレゼントは購入できます。選び方と予算を知って喜寿祝いのプレゼントを購入しましょう。

・食事会の人数と料理を計画する

食事会の日程が誕生日に決まったら参加人数を把握します。参加人数は誕生日の少なくとも一週間前には確定させてください。特に参加人数が多い場合は料理の準備も増えるので、途中で人数が変わると段取りが変わってしまいます。

食事会の参加人数が決まったら料理を計画しましょう。料理は喜寿を迎えた方が好きな料理を中心に祝い事に適した料理がおすすめです。

めでたいという意味合いで縁起のいい鯛料理は祝い事の定番。紅白の魚で食卓に彩りを加えてくれます。また昔から定番の赤飯もおすすめです。

お孫さんがいるご家庭ならちらし寿司のようにみんなで食べられるものもいいでしょう。ほかにも、ローストビーフやチキンなど通常のお祝い事の定番料理で構いません。

食事会の最後にはケーキを用意してもいいでしょう。買ってきたケーキはもちろん、お孫さんと一緒に作って振る舞えば喜ばれます

・当日は楽しむ気持ちを忘れずに

すべての準備が整ったらあとは喜寿祝いを楽しむだけ!当日は喜寿を迎えた方を主役に楽しいひとときを過ごしましょう。喜寿祝い後の後片付けが面倒な方は料理を出前やレストランを利用するのもひとつの手です。とにかく喜寿祝いに明確なルールはないので感謝の気持ちを忘れずに喜寿を祝いましょう。

 

3、喜寿祝いを誕生日に祝う場合におすすめのプレゼント7選!

最後に喜寿祝いにおすすめのプレゼント7選を紹介します。どんなプレゼントがいいのか悩んでいる方はこの章を参考に喜寿祝いのプレゼントを決めましょう

・名入れ酒
Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:autumn-flowers-1721896_1280.jpg

喜寿の名入れ酒の詳細はこちら

喜寿祝いをはじめとする長寿祝いの定番といえば名入れ酒。日本酒のラベル部分に自由な言葉を入れられるお酒のことで、世界でただひとつだけの日本酒をプレゼントできます。

弊社では喜寿祝い用の日本酒・純米大吟醸720ml 「紫式部」を販売しています。「紫式部」の魅力は名入れだけではありません。誕生日や記念日の日に発売された新聞が付いてくる記念日新聞

グラスに注ぐとゴージャスな気分を味わせてくれる金箔入り。さらに紫の風呂敷に包まれた高級感のある佇まいで名入れ酒が送られてきます。

これだけ詰まって価格は1万3,800円と喜寿祝いの相場に収まる価格で発売しています。名入れ酒をプレゼントしたい方はぜひ検討してみてください。

・花束
Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:autumn-flowers-1721896_1280.jpg

記念日にプレゼントするものといえば花束。喜寿祝いにも花束のプレゼントがおすすめです。テーマカラーである紫を入れた花束なら、普段とは違った雰囲気のプレゼントができます。花束の相場は3,000円から1万円ほど

基本的に花屋さんで予算と用途を伝えて注文すれば、予算内で素敵なプレゼントを作ってくれます。一週間前くらいから注文して当日の朝、花束を取りに行きましょう

また時間の都合上生花が難しい方にはブリザードフラワーがおすすめです。生花と違って枯れることがないので、いつまでも美しい花を味わってもらえます。

・似顔絵
Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:artist-3013762_1280.jpg

喜寿を迎えた思い出をいつまでも思い出してもらいたい。そんな方におすすめしたいのが似顔絵のプレゼント。似顔絵といえば観光スポットなどで描いてもらった経験がある方は多いと思います。喜寿祝いの似顔絵も同じように、喜寿を迎えた表情を似顔絵にしてくれます。

似顔絵を頼むときは好みのタッチのイラストレーターを選んで、写真を送って似顔絵を描いてもらうだけ。あとは額縁などに入った似顔絵が送られてくるのでプレゼントしましょう。

相場は各会社のプランとオプションにもよりますが1万円から3万円ほど。写真とは違った思い出の残し方ができるので、ちょっと工夫したプレゼントがしたい方におすすめです。

・寝具
Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:bedding-3528078_1280.jpg

喜寿を迎える年齢になると気になるのが睡眠。昔に比べて寝つきが悪くなったり、すぐに目覚めたりと睡眠トラブルが多くなります。睡眠は健康と密接な関係があるので、睡眠トラブルに悩まされると健康を害する危険性も。

そこで喜寿を迎えた方におすすめしたいのが寝具のプレゼント。良質な睡眠を実現するためには最適な寝具の利用が必要です。枕や掛け、敷布団をオーダーメイドでプレゼントすれば良質な睡眠が取れます。

ただ寝具一式をオーダーメイドすると数十万程度かかることもあるので、予算によっては購入できないかもしれません。この場合は寝具一式ではなく数万円程度で購入できるオーダーメイドの枕をプレゼントしましょう。

睡眠の質は枕で決まるとも言われています。実際に寝具店に連れてってオーダーメイドの枕をプレゼントしてください。

・マッサージグッズ
Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:orange-85821_1280.jpg

睡眠トラブルとともに悩まされやすいのが体のトラブル。喜寿を迎える年齢になると体のあっちこっちに不調が出る方が多いです。そこで喜寿祝いのプレゼントとしてマッサージグッズをプレゼントしましょう。

マッサージグッズといってもマッサージチェアのように大型のものではありません。最近ではマッサージクッションと呼ばれるクッションサイズのマッサージグッズが登場しています。使い方は簡単で気になる場所にクッションを押し当てるだけ。

中に付いたローラーが筋肉の緊張をほぐしてくれます。マッサージクッションは5,000円から1万円程度で購入可能です。マッサージチェアの10分の1程度の価格で場所も取らないのでおすすめですよ!

・ファッションアイテム
Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:sweatshirts-428607_1280.jpg

還暦祝いをはじめとする長寿祝いの定番プレゼントといえばファッションアイテム。季節によってプレゼントできるファッションアイテムは定番のプレゼントです。

春夏やポロシャツやストール、秋冬はセーター、マフラーなど季節にあったファッションアイテムをプレゼントしましょう。もちろん、喜寿祝いなのでテーマカラーである紫のファッションアイテムがおすすめです。シックな色合いは喜寿を迎えた年齢だから似合う色合い。

ファッションアイテムはブランド物でない限り、5,000円から1万円程度で購入できます。ブランド物の場合は予算が上がるので、先に好きなブランドのアイテムを確認してから購入してください。

・バッグ
Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:purse-1031547_1280.jpg

喜寿を迎えた方の趣味が外出なら機能的で使いやすいバッグをプレゼントしましょう。バッグは外に出るときに欠かせないアイテムです。使いやすいバッグは外出を楽しませてくれます。

できるだけ肩の負担がかからない構造のものや、ポケットがたくさん付いた機能的なバッグをプレゼントしてあげてください。相場は5,000円から1万円ほどでそこまで高くはありません。普段からどんなバッグを使っているか確認してからバッグをプレゼントしましょう。

まとめ

喜寿祝いの時期について紹介しました。喜寿祝いは誕生日に開催するのが一般的となっています。またこれまで還暦や古希を開催した日でも構いません。基本的に喜寿祝いを開催する日程に制限はないので、家族や親戚の予定の合う日に喜寿祝いを開催しましょう。

LINEで送る
Pocket