Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:photos-1167847_1280.jpg

還暦、古希、喜寿……。77歳の喜寿祝いで何をプレゼントすればいいのか悩んでいる方は多いです。そもそも還暦や古希に比べると喜寿祝いがどういった長寿祝いか分からない方も増えています。

そこで今回は喜寿祝いにおすすめな旅行のプレゼントについて紹介。喜寿祝いの由来や素敵な思い出を残すためにしたい5のことを解説します。

 

1、喜寿祝いに旅行のプレゼントがおすすめな理由

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:train-1728537_1280.jpg

喜寿祝いは還暦、古希に続く長寿祝いです。還暦は60歳、古希は70歳、喜寿祝いは77歳を迎えたときに祝います。還暦や古希が中国発祥の長寿祝いであるのに対して、喜寿は日本発祥の長寿祝いといわれています。

喜寿祝いは江戸時代以降から広がりはじめ、現在はほかの長寿祝いとともに一般的となりました。喜寿祝いが77歳に行われている理由には漢字の成り立ちが関係します。喜寿の「喜」という字を草書体で書くと”七十七”と読めます。この読み方に着目して喜寿は77歳で祝う長寿祝いとなりました。

また還暦は赤、古希は紫、喜寿も紫がテーマカラーです。紫といえば日本では昔から気品の溢れる色合い。まさに喜寿を迎えた方にふさわしい色といえます。

そんな喜寿祝いに何を贈ろうか悩んでいる方は多いはず。今回おすすめしたいのは素敵な思い出が残るプレゼントである旅行です。

・旅行は今だけの思い出が残せる

長寿祝いというとテーマカラーにちなんだモノを贈ろうと多くの方が考えます。ただモノを贈っても相手が気に入らなければ喜んでもらえません。特に頑固な方やこだわりの強い方だとプレゼント選びに悩んでしまいます。

そんな方にもぴったりなのが旅行のプレゼント。旅行はモノのように残りませんが、その代わりに素敵な思い出が残せます。一緒に見た景色や味わったご飯を共有するのは何よりのプレゼントです。

また旅行は喜寿を迎えた方だけでなく、家族や親戚がリラックスするいい機会にもなります。みんなが笑顔になる旅行のプレゼントをして素敵な喜寿祝いを迎えましょう。

・旅行先を決める注意点

喜寿祝いに旅行をプレゼントするのはいいですが、一点だけ注意点があります。それは旅行先に関して。喜寿を迎える年齢になると昔に比べて体力が落ちています。

あまり遠すぎる旅行先だと疲労が溜まってしまうので、できるだけ近場の旅行をしましょう。特に持病をお持ちの場合は体調管理に気をつけて、近場でゆったりとしたスケジュールでの旅行がおすすめです。

 

2、喜寿祝いの旅行で素敵な思い出を残すためにしたい5つのこと

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:document-2178656_1280.jpg

それでは喜寿祝いの旅行で素敵な思い出を残すためにしたいことを紹介します。心に残る旅行をするならやっておきたい5つのことがあります。この章を参考に素敵な旅行をしてください。

・まずは旅行先を決める

喜寿祝いに旅行をプレゼントすることを決めたら旅行先を決めましょう。前述した注意点を参考に、できるだけ近場への旅行をおすすめします。移動時間が長いとそれだけ体の負担になるので、隣の県の旅行先や飛行機を使って短時間で移動できる場所がおすすめです。

旅行先は喜寿を迎えた方の意見を参考に決めてください。もし旅行先にこだわりがないなら、家族や親戚で話し合って場所を決めるといいでしょう。気候が安定していてゆったりとした場所がおすすめです。

有名な観光地は人混みも多く疲れやすいので、時期をずらすか場所をずらして比較的空いている旅行先を選んでください。

・宿泊先をリサーチして決める

旅行先が決まったら宿泊先を決めましょう。宿泊先はホテルまたは旅館になります。喜寿祝いにプレゼントするならホテルよりも旅館がおすすめ。ゆったりとリラックスできる上に、食事の手配など細かい部分を任せられます。

旅館は室内に露天風呂が付いている場所がいいです。できるだけ動かなくても旅館の魅力を味わえる場所にしましょう。

また旅館によっては長寿祝い向けのプランを用意している場合があります。喜寿祝いに適した料理やアイテムを用意してくれる場所もあるので、宿泊先を調べるときは「長寿祝い プラン」という検索ワードも入れてみてください。

・日程、人数、予算を確定させる

続いて旅行する上でもっとも大切なのがスケジュール管理です。まず日程を決めましょう。何泊するのか?いつ旅行に行くのか?家族や親戚と話し合って適切な日を決めてください。その上で、何人が参加するのか人数の把握も行いましょう。

時期や人数、プランによってはすでに宿泊できない場合もあります。柔軟に対応できるようにいくつか日程、人数の候補を出しておくことをおすすめします。

日程、人数、宿泊先が決まったら予算を出してください。宿泊先のプランを参考に自分で算出していくらかかるか把握しましょう。また旅行にかかる費用は宿泊費だけではありません。交通費や観光費など大まかでいいので予算を出しておくとあとで困りません。

旅行中に予算のことを考えてしまうと素直に楽しめないので、ここで余裕を持った予算を出しておきましょう。

・ちょっとしたサプライズを用意する

普通に旅行するだけでも素敵な思い出が残りますが、どうせならサプライズプレゼントを用意しましょう。高価なものでなくても構わないので、宿泊先で食事をしている最中に渡しましょう。旅行がプレゼントだといっても、喜寿を迎えた方への特別感にかけるのでプレゼントを渡してサプライズするといいでしょう。

ちょっとしたサプライズに用意したプレゼントは次の章で紹介します。もし渡したいものに検討が付いているなら、そのプレゼントを渡してください。まだ決まっていない方は次の章を参考に選びましょう

・当日はカメラで思い出を残す

旅行中に思い出を残すためにカメラを用意するといいでしょう。写真だけではなく動画も撮って積極的に思い出を残してください。撮影した写真は後日額縁に入れてプレゼント、動画はDVDに焼いてプレゼントすると喜ばれます。 旅行が終わったあと親戚や家族で集まって鑑賞会をするのもおすすめです。

旅行が終わっても思い出せる素敵な喜寿祝いにするためにも、準備を怠らずに旅行をプレゼントしてください。

 

3、喜寿祝いの旅行先でプレゼントしたい贈り物5選!

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:gift-687265_1280.jpg

最後に喜寿祝いの旅行先でちょっとしたサプライズにプレゼントしたい贈り物を紹介します。旅行先でのプレゼントということで、できるだけ持ち運びやすいプレゼントをまとめてみました。

・アクセサリー

喜寿祝いのプレゼントにふさわしいものといえばアクセサリー。旅行先でも手軽に持っていけるアクセサリーはプレゼントに適しています。喜寿祝いに贈るアクセサリーということで紫の水晶や宝石が入ったものがおすすめ。

中でも喜寿祝いに贈られているのがアメジストのアクセサリー。アメジストは水晶や宝石の中ではそこまで高くないので、旅行先でプレゼントにするには合っています。予算的には1万円から3万円程度。その場で付けてもらえるプレゼントなので喜んだ顔がすぐに見られますよ。

アメジストの入ったアクセサリーは女性ならイヤリングやネックレス男性なら指輪やブレスレットがいいでしょう。あまり目立たないシンプルなアクセサリーがおすすめです。

・フォトフレーム

喜寿祝いの旅行で撮影した写真を後日入れることを目的にフォトフレームのプレゼントもおすすめです。華やかなフォトフレームは長寿祝いでも人気の高いプレゼント。後ほど写真を入れることを伝えれば何ともおしゃれなプレゼントになります。

最近では一般的なフォトフレームのほかにもデジタルフォトフレームが用意されています。ネットを介して利用できるデジタルフォトフレームなら撮影したデータを直接送ることが可能です。喜寿を迎えた方が遠方に住んでいる場合デジタルフォトフレームに写真を送ってプレゼントしましょう。

・腕時計

普段から腕時計を身に付ける習慣のある方には腕時計のプレゼントがおすすめ。腕時計と聞くと高い印象がありますが、国内ブランドの一般的なモデルなら5,000円から1万円ほどで手に入ります。普段どんな腕時計を使っているか観察した上でプレゼントを選びましょう。

本来なら喜寿祝いのテーマカラーである紫の腕時計を選びたいですが、カジュアルになり過ぎてしまうので、シンプルで大人っぽいデザインのものを選びましょう。最近の腕時計の見た目はもちろん、機能的にも優れているものが多いです。

GPS搭載の腕時計や防水・防塵の腕時計など外出が多い方には、アウトドアに適した腕時計をプレゼントしましょう。

・マフラー、ストール

プレゼントされた次の日から使えるプレゼントのマフラーやストール。どんなファッションにも合うシンプルなマフラーやストールは人気が高いです。喜寿祝いのテーマカラーである紫のマフラーやストールをプレゼントして次の日から身に付けてもらいましょう

マフラーやストールの相場は5,000円から1万円ほどです。ただしブランドのものになると高くなるので予算には注意してください。

・名入れ酒

名入れ酒の販売サイトはこちら

最後に紹介するのは弊社でも提供している名入れ酒です。720mlの名入れ酒なら旅行先に持ち運んでもそこまで荷物になりません。名入れ酒とは日本酒のラベルの部分に文字を入れられるお酒のこと。相手へのメッセージや相手の名前など世界にひとつだけのプレゼントができます。

普段からお酒を飲む方にぴったりのプレゼント。普段から飲まない方でも高級感のある名入れ酒は喜ばれやすいです。誕生日や記念日に発行された新聞・記念日新聞付きで、日本酒の中には金箔が入っています。

旅行先の食事中にプレゼントすれば、食事と一緒に日本酒を楽しめます。何か特別なものがプレゼントしたいと考えていた方は名入れ酒をプレゼントしてください。

 

まとめ
Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:flowers-609165_1280.jpg

喜寿祝いの旅行について紹介しました。たった一度の喜寿祝い素敵な思い出を残すために、今回紹介した5つのことを実践して、喜寿祝いに旅行をプレゼントしましょう。

また喜寿祝いには旅行だけでなくサプライズも肝心です!本記事のおすすめプレゼントを参考にちょっとしたプレゼントも贈って素敵な喜寿祝いにしてください。

LINEで送る
Pocket