喜寿のプレゼント

人生の節目ごとの長寿祝いの際には、家族一同が揃って、長寿をお祝いしたり、日ごろの感謝の気持ちを伝えたりしたいもの。

還暦、古希の次には喜寿というお祝い事がありますが、その際にも自宅やレストランなどで食事会を用意する、プレゼントを準備するなどして、長寿をお祝いするのが一般的です。

しかし、実際に喜寿のお祝いをする際、どのようなプレゼントが喜ばれるのでしょうか?

この記事では、喜寿の意味合いについて触れながら、喜寿プレゼントとして喜ばれるものをいくつかピックアップしてご紹介します。

■喜寿の意味合い

英語

喜寿(きじゅ)とは77歳の長寿のお祝いです。

60歳で還暦を祝うというのは広く知られていますが、70歳で古希(こき)、77歳で喜寿、80歳で傘寿(さんじゅ)、88歳で米寿(べいじゅ)、90歳で卒寿(そつじゅ)、99歳で白寿(はくじゅ)など、節目節目の年齢ごとに長寿祝いが行われます。

ちなみに、なぜ77歳が喜寿なのかというと、「喜」の旧字体は「㐂」と書くため、77歳とつながったと言われています。

■喜寿祝いにプレゼントすると喜ばれる人気アイテム3選

似顔絵

親へ、祖父母へ、親戚へ、上司へ、などなどプレゼントを贈る対象はそれぞれだと思いますが、特に身内に対する人気のプレゼントで上位に入るのが「思い出となる品」です。

ここでは、喜寿祝いに喜ばれる人気のプレゼントを3つご紹介します。

似顔絵

喜寿祝いのプレゼントとして昨今大人気なのが「似顔絵」です。

本人だけのものから夫婦のもの、はたまたファミリー勢ぞろいのものなど様々ですが、優しいタッチで描かれた似顔絵というプレゼントは高い人気を誇ります

似顔絵をプレゼントと聞いて、子どもの頃の肩たたき券のような自作のものを思い浮かべた人もいるかもしれませんが、プレゼントとして贈る人気の似顔絵はプロの作家さんが描いてくれるものです。

主にインターネットを通じて申し込むことができるのですが、喜寿のお祝いをする本人または本人と家族の写真を申し込みと同時に送付することで、それをモチーフにしたオリジナルの作品を描いてもらえます。

プロの作品なので、額縁に入れて飾れば立派な「絵画」となり、世界に一つだけの贅沢な贈り物となります。

また、時計やマグカップなど、実用品に似顔絵を入れて製作してもらえるサービスを行っている業者もあるため、似顔絵入り製品ということで広い範囲の商品を選ぶことができます。

メッセージボード

喜寿祝いにプレゼントするメッセージボード

似顔絵は気恥ずかしいという人には、

・お祝いする本人の名前の漢字をもじって作られたポエム

・その人の人生をなぞらえて作られたメッセージやポエム

など、味わい深い字体で書かれた名前詩(名前ポエム)などのメッセージボードの贈り物も大変人気が高いです。

最近では、メッセージや名前入りのフォトフレーム、湯呑、時計といった実用的なアイテムも人気があります。

フラワーギフト

喜寿祝いで定番のプレゼントとして人気が高いのがフラワーギフト。

喜寿のシンボルカラーは紫色ですから、今後の健康と幸せを願う気持ちを込めて紫色の花を中心に他の色の花と混ぜて花束を作ると喜ばれます。

特に、喜寿祝いのフラワーギフトで人気が高いのが、豪華名イメージがあるバラと「幸せが飛んでくる」といった花言葉を持つ胡蝶蘭です。

長寿のお祝いですから、花が持つ言葉の意味や相手のイメージから種類を選ぶと還暦祝いにふさわしいプレゼントになります。

生花も場を華やかにして良いですが、長い時間花を楽しんでほしい、手入れの負担を減らしたいといった場合には、プリザーブドフラワーがおすすめです。

■オリジナルなお酒をプレゼント

お酒

オリジナルという意味で、もう一つ人気が高いのが「お酒」です。

お酒なんて贈り物の定番じゃないか、と思う方もいるかもしれませんが、ここで人気が高いのは「名入りラベル」のオリジナル製品です。

お酒自体も品質が高く、お酒好きのおじいちゃん・おばあちゃんが飲んでも満足のいく製品です。

そのお酒のラベルをオリジナル加工して作り上げる製品が人気で、名前でなくても「笑顔」や「感謝」などメッセージをラベルにすることもできます

また、お酒と共におじいちゃん・おばあちゃんが生まれた日の新聞をメッセージカードのように添付するサービスもあり、長寿を感じながら家族で盛り上がれる贈り物として高い支持を得ています。

■喜寿祝いでは旅行のプレゼントも人気

旅行

そして、物ではない贈り物として人気が高いのが「旅行」です。

還暦、古希、喜寿と60歳を過ぎるとお祝い行事はたて続けにあり、また毎年の誕生日、父の日・母の日など何かと贈り物をもらう機会は多いです。

そのため、物はもう一通り贈ってしまったという人や、元気なうちに連れて行ってあげたい場所がある、ぜひここを見てほしいなどという理由から長寿のお祝いに旅行を贈ることも人気です。

年を重ねると率先して遠出しなくなる人も多いものですが、子どもや孫から旅行券を贈られて、温泉地などでゆっくりのんびり過ごし良い思い出を作ることができるというのは物には変えられない価値があります。

夫婦の旅行券、はたまた子どもや孫と一緒に行く旅行など、広い範囲で人気を得ています。

このように、長寿のお祝いには他のお祝いにも増して「特別に準備した」「特別な時を過ごしてほしい」という思いが込められるもので、贈られる本人にもそれが伝わる贈り物が人気となっています。

LINEで送る
Pocket