喜寿祝いにストール

お母さんやおばあちゃん、親戚の女性など、女性が77歳の喜寿を迎えるとなったら、どのようなプレゼントが思い浮かぶでしょうか?

女性であれば花が好きな方が多いので、プリザーブドフラワーなどのフラワーギフトやアクセサリー類などが思い浮かぶ方もいるでしょう。

贈る際には相手の気持ちになって、どのようなものを必要としているのか、何を贈ったら喜ぶのかなどを考えるとふさわしいものが選びやすくなります。

この記事では、女性が貰って嬉しい喜寿のプレゼントと選ぶ際の注意点についてご紹介します。

■女性への喜寿祝いの選び方

喜寿の女性

喜寿といいますと77歳ですから、女性の場合はまだまだお元気な方が多いでしょう。

喜寿祝いは数え年でお祝いをしますので、実際は76才で行うことになります。

ではプレゼントはどういう物がいいかといいますと、この年代の女性の場合は人それぞれでしょう。

基本的にはご家族がプレゼントしてくれたものはなんでも喜んでくれるのではないでしょうか?

ただ、長寿祝いだからと言って年齢を感じさせるようなプレゼントや、「死」「苦」「老」といったイメージを連想するようなプレゼントは喜寿祝いにはふさわしくありません。

喜寿祝いは「これからも健やかに元気で過ごしてほしい」という願いを込める場でもあるため、喜寿を迎える女性が明るい気分になるようなプレゼントを選ぶと良いでしょう。

女性の喜寿祝いに人気のプレゼント

女性の77歳のお祝いで人気のプレゼント

本人の好みや健康状態などを考えながら、相手に最適なものを選んでみましょう。

特に、人気なのが、お菓子やオシャレな帽子、ストールなどといったアイテム。

お菓子は誰にでも喜んでもらえますし、おしゃれな帽子やストールならいつも愛用してもらえそうですね。

お菓子を贈る

甘いものが好きな女性は少なくなく、喜寿祝いに集まってくれた家族と一緒に食べられる点からもお菓子のプレゼントが人気です。

喜寿祝いに人気のお菓子としては、カステラや紅白饅頭、プリン、バウムクーヘンなど。

どれも77歳の方でも食べやすく、長寿祝い用に凝ったデザインがある専門店も少なくありません。

中でも、バウムクーヘンは生地の層が木の深い年輪の形をしていることから、長寿の象徴として縁起が良いとされています。

お菓子選びに迷った時には、縁起ものであるバウムクーヘンを検討しても良いかもしれません。

喜寿も誕生日の一つであることから、ケーキのプレゼントを用意しても喜ばれます。

最近では、名入れのデコレーションケーキを受け付けている専門店も多く、名前や感謝の気持ちをケーキにのせて伝えることができます。

そのほか、喜寿を迎える方の似顔絵ケーキや、表彰状をデザインしたケーキなどさまざまなサービスがあるので、相手の好みに合うものを選んでプレゼントしましょう。

オシャレな帽子を贈る

帽子

食べ物以外のプレゼントでは、オシャレな帽子なども喜んでもらってもらえそうです。

理由は喜寿を迎えるくらいの年代の女性は、薄毛を気にしている方が結構多いです。

実際にその年代の女性ですと、頭皮が透けて見えはじめている方が増えています。その年代では当然のことです。不思議なことではありません。

しかし、当然であっても、気にはしているはずです。

ですから、お出かけ用の、オシャレな帽子なら喜んでもらえるのではないでしょうか。

好みとサイズを知っているのであれば、贈り物に選んでみましょう。

・クリップを一緒に

帽子を送るなら、風が吹いた時などに帽子が飛ばされないように襟足などに留めておくクリップがあります。

それも帽子に添えて渡すと、かなり気が利いており、色々なデザインの物から選ぶことができます。

子どもでも使えるとてもかわいい物から、かなり贅沢な感じの物までさまざまです。

このクリップを帽子にコーディネートして贈れば喜んでもらえそうです。

多少、帽子のサイズが大きくても、このクリップがあれば、風に吹き飛ばされなくてもすみますから、とてもおすすめです。

ストールを贈る

ストール

その他に、わりと使ってもらえそうなのが、ストール類です。

年齢を重ねると、首にしわができ、それを隠したがる方が結構多いです。

首を見たら年齢がわかるといわれる気になる部分ですので、この部分をオシャレにカバーできるストールも喜んでもらえる可能性の高い物です。

顔に近い部分に使う物ですから、少し華やかに見える物がおすすめです。

年配の方だからとシンプルな柄だったり、落ち着きすぎた感じの色ですと、年齢よりも上に見えてしまうかもしれません。

ですので、明るい色のストールを選んであげてはいかがでしょうか。

その方が、明るい色は大嫌いだというならば少々考えたほうがいいですが、基本的には1枚くらい華やかな物があっても良いでしょうということで、華やかな色、あるいはデザインの物をおすすめします。

ご年配の方は華やかな色を顔の側にまとうことで、顔の色が明るく見え、若々しく見えることが多いです。

その若々しく見える自分を鏡の中に確認して、元気になってくれることもあります。ですから、あまり地味な物は選ばない方が良いでしょう。

喜寿には、お菓子であればティーセット、お菓子以外であれば帽子とクリップのセット、あるいはストールなどが喜んでもらえそうです。

■女性の喜寿祝いのプレゼントにお菓子を贈る場合の注意点

カステラ

75歳くらいの女性の場合、健康状態にかなり差があります

健康な方はまだまだ全然病気もしないで、元気に活動的に生活しています。

一方で、そろそろ身体の衰えを感じる年でもあります。

糖尿を気にし始めている方もいるかもしれません。

その場合、あまり甘いお菓子などをプレゼントしないほうがよいでしょう。

ただし、病院などに行かないタイプの方ですと、糖尿になっていることに気がついていない方もいるかもしれません。そういう方が結構います。

したがって、喜寿のプレゼントに、大量の甘いお菓子の詰め合わせというのはベストなチョイスではないかもしれません。

もちろん、家族が多くて、みんなで食べられるのであれば問題ないでしょう。

あるいは親戚一同が集まって、みんなでお菓子を食べるならよいでしょう。

甘いお菓子などをプレゼントするのであれば、少量の詰め合わせにティーなどが着いた物などのほうが、気が利いているかもしれません。

オイシイお菓子はたくさん食べたくなりますから、万が一糖尿病などがあれば気の毒です。

LINEで送る
Pocket