喜寿祝いの人気プレゼント

77歳の喜寿のお祝いは、人生に一度きりのことであり、人生の節目の一つとして家族一同で集まってお祝いしたいもの。

ただ、お祝いの会にはプレゼントが付きものとなりますが、何をプレゼントとして贈れば喜ばれるでしょうか?

父母・祖父母や親戚などの喜寿祝いのプレゼントですから、大いに喜ばれる物を選びたいものです。

そこで、この記事では、喜寿祝いの贈り物の相場や喜寿祝いのプレゼントにおススメの品物をランキング形式で7つご紹介します。

■喜寿祝いの贈り物の相場

予算

おすすめの商品を紹介する前に、購入金額の目安を書いておきます。

喜寿祝いの贈り物を選ぶ際には、相場が一つの基準となります。

平均的に、父母の場合は2~4万円、祖父母の場合は2~3万円、親戚の場合は1万円あたりが相場のようです。

もちろん、相場にばっちり合わせなくても、自分の収入と親疎の程度で前後しても構いません

人生の区切りの大切なお祝いですので、この際と思って奮発すると喜ばれるでしょう。

■喜寿祝いのプレゼントおススメ7選

誕生日

それでは、喜寿祝いの贈り物ベスト7を紹介してみます。

贈る相手のことを想像しながら、どのようなプレゼントが相応しいかを検討していきましょう。

・1位:お酒

喜寿を迎えた方の名前入りの銘酒を贈る方が多いです。

ラベルに喜寿の祝いと名前が入ったもので、世界で一つだけのお酒になります。

ラベル以外に、木彫りのケースに入った特注のお酒もあります。

お酒は百薬の長と言われるくらい一般的ですから、お酒嫌いの方以外には大変喜ばれます。

樽酒も悪くはありませんが、サイズが大きくて値もはります。

・2位:お花

花

おばあちゃん向けではありますが、おじいちゃんでも喜ばれます。

西洋風ですが、77本の薔薇に囲まれたお祝いも悪くはありません。

人生でたくさんの花を一度に貰える機会は滅多にないでしょう。

・3位:旅行

これが一番かと想像していましたが、やはり旅行代金が高額になるために3位に甘んじています。おそらく受け取った方は乱舞する程の喜びがあるでしょう。

ただし、お年寄りがご夫婦とも健在の場合は、二人分必要になります。

一人だけで旅行に行っても、喜びが半減しますから。

旅行先の1位は・・・ずばり温泉宿泊、温泉に浸かって美味しい食事をする事は、癒しと想い出となる最高のプレゼントでしょう。

経済的余裕があればこれが最もおすすめです。

・4位:名入れの湯呑

77歳のお祝いのプレゼントに喜ばれる湯呑

日頃お茶をよく飲む方であれば、喜寿祝のプレゼントに名入れの湯呑みがおすすめ。

名前やメッセージが入っていることから記念の品となりますし、毎日使ってもらえるといった点で贈る側としてもうれしい気持ちになります。

湯呑みを選ぶポイントとしては、持った時に手に馴染みやすいようにざらっとした質感のものを選ぶこと。

つるつるした質感の湯呑は手が滑って落ちる恐れがあるため、デザインも大切ですが喜寿を迎える方の使いやすさや安心さを重視しましょう。

・5位:名前入りの詩(ネームインポエム)

プロの詩人かそれに準じる方に詩を作って貰いますが、喜寿を迎えた方の名前が入っていて、その方の人生を詩にしたものです。

和紙などの用紙に詩が書かれていて、豪華な額縁に入っています。

価格は1~3万円と以外に高くはありません。

その方を称える詩なので、世界で一つしかないのが特徴で、家族や親戚一同でお祝いするには最適のプレゼントとなります。

・6位:お箸

77歳のお祝いのプレゼントに喜ばれるお箸

喜寿祝いには「これからもおいしく食事をとって健康でいてほしい」といった願いが込められる箸のプレゼントも人気です。

お箸は食べ物に困らない縁起の良い品とされていますから、今後の生活や健康を願うアイテムとして最適です。

お箸は毎日使ってもらいたい実用的なアイテムであることから、持ちやすい形状や重さであることが大切です。

食事の際にお箸を見るたび使うたびにうれしい気持ちになり、今後の活力につながるでしょう。

また、いつもの食事がよりおいしく感じられるため、良好な夫婦仲にもつながるかもしれません。

・7位:浴室暖房

高額なので7位になりましたが、お年寄りには大変人気があります。

冬の寒い時期に、寒い風呂場でいきなり熱い風呂にはいるとヒートショックを起こしてしまいます。

電気式浴室暖房器があれば、そうした心配をなくせます。

家族全員が贈るなら、高額でも負担は分散されます。

長生きして欲しいとの願いが通じる高価な逸品と言って良いでしょう。

10万円以上はしますが、共同で行うとなんとかなる金額です。

■喜寿祝いのプレゼントの傾向

プレゼント

お年寄りは、恵まれた方ならほとんどの物を持っていることが多いので、持っていない物を探して贈るのがポイントとなります。

気持ちがこもったもので予算に合う物を探すのはなかなか難しいようですが、皆さん知恵を絞って決めておられるようです。

7位までに入りませんでしたが、マッサージチェアなども根強い人気があります。

こうしてみると、お祝いを贈る方の心には、お祝いをされる方の健康と長生きを願う気持ちがあることが分かります。

この辺を意識してプレゼントを選択されると、大きなミステイクはないと思います。

贈る方が一人なら別ですが、服数人いる場合は、一堂に会してプレゼントを考えるなんてことも良いでしょう。

人生の仕事を終えたお年寄りに、最高のプレゼントをすることは、将来自分にも返って来ますので、心を込めて選びたいものです。

LINEで送る
Pocket