お酒好きの父の喜寿祝い

もうすぐ喜寿を迎える方がお酒好きなお父さんの場合、好きなお酒やいつも飲んでいるお酒より少し高級なお酒などをプレゼントしようと考えるかもしれません。

最近では、シンプルにお酒のみをプレゼントするのではなく、工夫がされたお酒と一緒に77年の思い出を振り返ることができるアイテムを贈る人が増えています。

この記事では、お酒好きなお父さんへの喜寿祝いにおすすめの特別な贈り物や充実した喜寿祝いにする方法についてご紹介します。

 

■長寿祝いの種類

鶴

最近は長寿社会になっており、多くの人が長く生きることができるようになっています。

これは世の中が豊かになって、栄養状態や医療技術が向上したことなどが理由としてあげることができます。

今はもはや人生80年とも言われるくらいの時代になっています。

したがって、60歳の還暦のお祝いに始まり、長寿祝いをするのが当たり前になっています。

長寿のお祝いとしては、60歳の還暦で赤いものを贈ったりする風習もあります。

また、70歳では古希、77歳では喜寿、80歳では傘寿、88歳では米寿、90歳では卒寿、99歳では白寿といったように、長生きをしている身内を祝うようになっています。

平均寿命からすると、80歳くらいまでは生きることができる人が多くなっています。

 

■お酒好きな父の喜寿祝いのプレゼントにお酒が選ばれる理由

お酒好きな父の77歳のお祝いプレゼントにお酒が喜ばれる理由

お酒が好きなお父さまへの喜寿祝いのプレゼントとしてお酒が選ばれる理由は、本人がお酒好きだからという理由のほか、お酒は縁起物という点も挙げられます。

お酒はおめでたい席ではしばしば登場するものであり、古くから日本でも神事の際には使われていました。

お祝い事でよく使われるお酒は、77歳をお祝いする喜寿祝いにもふさわしいプレゼントとなります。

また、適量のお酒であれば健康効果が期待できるとされていることから、お酒は今後の長寿や健康を願うアイテムとして最適です。

食事の際やリラックスタイムの際など、好きなタイミングでお酒を楽しんでもらうことができ、贅沢な時間を提供することもできるでしょう。

一口にお酒といってもワインや焼酎、日本酒など種類があるので、喜寿を迎えるお父さまの好みの種類や味を事前にリサーチしておくと、贈りやすくなるでしょう。

経済的に高級なお酒は飲んでいないという場合には、珍しいレアなお酒が喜ばれます

最近では、長寿祝い用にお酒を取り扱う専門店が多くあり、レアなお酒であるとともに記念品として最適なものも増えていますから、チェックしてみましょう。

 

■お酒好きな父への喜寿祝いにおすすめのお酒のプレゼント

蝶結び

77歳のお祝いとして喜寿を迎えた父へのプレゼントを考えたときには、相手の好みを考えながら何をしてあげるのがいいのかということを検討することになります。

子ども達兄弟で考えて、贈り物やお祝いの会を開くのもいいでしょう。

できることなら、家族全員が感動するような贈り物をすることができれば、とても素敵です。

ここでは、お酒好きなお父さんへの喜寿祝いにおすすめのお酒のプレゼントをご紹介します。

■生まれた日の新聞付きのお酒

例えば、お酒が好きな父親に贈るものを考えるとすると、美味しくいただくことができる大好きなお酒を贈るのもいいでしょう。

最近はいろいろな形態の喜寿のプレゼントがあります。

その一つとして、自分の生まれた日の新聞を取り寄せるということもできます。

インターネットなどでも頼むことができるのですが、お誕生日の新聞付き名入れ酒というものもあります。

自分が生まれた日に何が起こったのかということを知ることができる貴重な贈り物になることでしょう。

■生まれた年のワイン

77歳のお祝いにおすすめな生まれ年のワイン

77年間の人生を振り返ってもらえるアイテムとしては、喜寿の方が生まれた年のワインを贈るというのも素敵です。

77年物のワインはインターネットから探すことができ、お店によりますが贈答用にギフトラッピングやメッセージカード、手提げの紙袋などのサービスも充実しています。

価格も2万円~で購入することができ、予算内で生まれ年のワインを購入することができます。

プレゼントに向いているワイン:喜寿

■名前ラベル入りのお酒

また、ラベルに名前の入ったお酒なら、酒好きの人には本当に嬉しく感じることでしょう。

こういったタイプの贈り物でもお酒の大きさにもよるのですが、1万円から2万円程度で注文することができます。

喜寿のお祝いでは紫色のものを贈るとよいといわれます。

紫色のボトルなどに入った日本酒や焼酎、ワインなどに名前を入れてもらうことで、自分だけのオリジナルの贈り物をもらうことができるのは、特別な思いがあるものです。

文字なども入れてもらうことができたり、文字の形も選ぶことができますので、相手のことを思いながら探すのもいいでしょう。

 

■父の喜寿祝いを充実したものにする方法

家族

■お酒のプレゼントにプラス

77年前のたった一日の特別な日を思いながら、大好きなお酒を飲むというのは良い思い出にもなります。

それにプラスをして、好きなジャンルの食事を用意したり、旅行の手配をしてあげたりすることで、とても充実した長寿のお祝いになることでしょう。

また、自分のためのオリジナルのお酒や生まれた日の新聞とともに、オリジナルの商品としてお酒を飲む際に使うことができる器を贈るようにするのもいいでしょう。

グラスやカップ、焼き物などでも名前が入っているなど、世界でたった一つしかないようなものを作ってあげることで、大切にしようという気持ちになるに違いありません。

■感謝の気持ちをしっかりと込める

今はいろいろなサイトから長寿のお祝いに最適なプレゼントの企画ものが出ています。

そのため、情報を集めてみて、相手に合ったものを探してみるのも一つの方法になります。

品物を贈るようにしたり、思い出として食事や旅行などを手配したりすることで、家族全員が感動してより良い喜寿祝いの時間を過ごすことに繋がります。

今までの感謝の気持ちもこめて、喜寿を迎えた父へのプレゼントを用意することで、一生に一度のお祝いの席を華やかにかつ、感動的にしていくことができます。

お父さまが大好きな嗜好品に様々な工夫をして贈ると、大変喜ばれることでしょう。

情報を集めて、家族で考えたいものです。

喜寿のお祝いを家族が一緒に祝うために

LINEで送る
Pocket