喜寿祝いに旅行を贈る

両親の喜寿のお祝いには、いつもの誕生日のプレゼントとは少し違う特別感があるものを贈りたいと考える方が多いのでは?

そのような時に人気なのが、日頃の疲れを癒すとともに思い出を作れる旅行のプレゼント

近年では、長寿祝い用の旅行プランを設定している旅行会社も多く、お祝い用にさまざまな特典を付けてくれる場合があるので利用したいところ。

この記事では、両親の喜寿祝いにおすすめの旅行の魅力やお祝いプランの特徴や特典、好きな場所に行ってもらうためのポイントについてご紹介します。

 

■両親の喜寿祝いには旅行をプレゼント

家族

長寿国となった日本では、77歳の年齢はまだまだ若く、アクティブな生活を送られている方が多いものです。

そういった背景から、77歳の喜寿のプレゼントに、両親へ旅行のプレゼントをするというが選択肢の1つとして広まっています。

最近では長寿のお祝いとして、旅行を贈りたい人向けのプランというのも出ており、家族で祝う場合、もしくは夫婦だけで祝う場合など様々なプランが用意されています。

こうしたものの中からよさそうなプランを探し、それで旅行のプレゼントする、もしくは両親が行きたい場所に行ってもらうため、旅行券などを贈るなど様々なことが考えられます。

ベストなものは何か、それを1つずつ検証していくことが大切です。

旅行は手元に残るプレゼントではありませんが、思い出としていつまでも残ります。

また、旅行先で撮った写真をフォトフレームやアルバムにまとめてプレゼントするのも素敵な贈り物になるでしょう。

 

■長寿お祝いプランの特徴と特典

夫婦

長寿のお祝い向けのプランは通常の1泊2日の旅行だけでなく、特典がついているのが特徴です。

お祝いの鯛をプレゼントしてくれたり、お神酒を置いてくれたり、記念撮影をしてくれたりするのはもちろんのこと、家族で来ているような場合には、

・長寿のお祝いの名物でもあるちゃんちゃんこの貸し出しをしてくれる

・見晴らしのいい部屋にしてくれる

といったサービスがあります。

他にもチェックアウトの時間を遅らせてのんびりとしてもらうということを行うところがあるなど、通常ではないような特典が長寿のお祝いとして用意されています。

こうしたプランでは日本酒、ワインなど様々な形でお酒をプレゼントされることが多いのも特徴です。

両親がお酒大好きということであれば、積極的に連れて行くというのもありです。

もちろん、料理はしっかりとしており、お酒がどんどん進むことになります。

喜寿のお祝いとなると、そこまでお酒も飲めないという人も出てくるため、その時は子どもが代わりに飲むというので十分です。

ちゃんちゃんこの貸し出しなど、長寿のお祝いムードを出していきたい場合であっても、ホテル側で用意してあることが多いため、そこまで心配することはありません。

 

■喜寿祝いの旅行の宿泊先を選ぶ際に確認すること

77歳のお祝いの旅行の宿泊先を選ぶ際に確認すること

喜寿祝いの旅行の宿泊先を決める際には、長寿祝いプランや特典があるのかも大事ですが、ほかにも確認しておくことがあります。

ここでは、喜寿祝いの旅行の宿泊先を選ぶ際に確認することについてご紹介します。

宿泊先との距離

喜寿祝いの旅行の宿泊先を決める際には、まずはどのくらい料金がかかるのかチェックする方は多いかもしれません。

しかし、どれだけ宿泊料金が安くても自宅からの距離が遠いと、移動費がかかる、喜寿を迎える方の身体に負担になるといったデメリットがあります。

せっかくの喜寿祝いですから、移動の負担を少なくして主役の方が体調を気にせずに楽しめるような宿泊先を選びたいところです。

また、宿泊先の最寄りの駅からの無料送迎はあるのかも確認しておきましょう。

駅から宿泊先までの距離が遠い場合には、無料送迎バスがあるホテルや旅館の方がスムーズに宿泊先にたどり着けます。

車で行く場合を考えて宿泊先の駐車場代は無料なのかなども確認しておきましょう。

夫婦や家族の時間を楽しめるか

77歳のお祝いの旅行の宿泊先を選ぶ際に確認すること

喜寿祝いの思い出となる旅行ですから、夫婦旅行の場合は夫婦の時間を、家族旅行の場合は家族水入らずの時間を楽しみたいですよね。

ただ、ホテルや旅館によっては個室ではなくレストランでの食事であることが多いです。

せっかく家族だけで会話や食事を楽しみたくても周りの目が気になって、十分楽しめない可能性があります。

旅行の宿泊先を選ぶ際には、事前に個室で食事を楽しめるかどうか、もしくは食事は部屋出ししてもらえるか問い合わせておきましょう。

実際に利用した人の口コミをチェックする

価格帯がほぼ一緒でサービス内容も似ているようなホテルや旅館は存在し、どこにしようか迷う場合があるでしょう。

そういった場合に役立つのが実際にその宿泊先を利用した人の口コミや感想です。

口コミでは、星や点数などで宿泊先が評価されており、気になった点や良かった点が記載されているため、参考にしている人が多いです。

評価や点数よりも、具体的な感想や口コミの中身を参考にした方が失敗しにくくなります。

また、自由な感想や写真付きでコメントが書かれているSNSやブログの評価を参考にするのも一つの手です。

一つの情報だけでなく、多くの情報を参考にしながら安心して楽しめる宿泊先を選びましょう。

 

■旅行券で好きな場所へ行って貰おう

日帰り旅行

両親に行きたい場所があるという時には旅行券がおすすめです。

現金を渡してそれで足しにしてもらうというのも一つの手であり、例えば目録という形にして渡せば、テレビのような演出をすることができます。

しかし、現金だと少し味気ないというのが実情であり、旅に出てほしいのに、それで別のものを買われたということになれば、何のために渡したのかがわかりません。

そのため、旅行券という形にしてプレゼントしてしまえば、せっかく喜寿の祝いでもらったのだから旅に出ようという気にさせることができ、おすすめです。

泊まりのものを贈る以外にも、例えば日帰り旅行を贈る方法もあります。

おいしい食べ物を食べてもらいたいという場合には、バスや新幹線などで行ける日帰りツアーなどでも大丈夫です。

これなら安上がりでありながら、一緒に参加することもできるため、両親の体をいたわりながら感謝の気持ちを伝えることもできます。

喜寿の相場はだいたい数万円ぐらいであるため、バスツアーそのものの代金や交通費、お土産代などを入れればそれで事足りるため、意外に重宝されています。

 

■子供たちで温泉旅行を計画

温泉

温泉に連れて行くなど、子供たちが両親を連れ出し、その費用をすべて負担するというのもおすすめですが、この場合はだれがどれだけ負担するのかというのは意外ともめる部分です。

すべてを折半するのか、それとも宿代は長男、食事代は二男というように分けるということもできます。

そうなると各々で分担し、責任を担ってもらえば、よりよいものにしていくということも可能になります。

今まで遠出をしたことがないという人も意外に多く、かなり喜ばれるものであることは間違いありません。

その中で、両親の要望をできるだけ聞いておき、その中でベストな選択をするということが求められます。

喜寿祝いに旅行をプレゼント!素敵な思い出を残すためにしたい5つのこと!

LINEで送る
Pocket